毛皮の加工|毛皮の買取サイトの比較の決定版【ファーラボ】


ファーラボロゴ画像



トップページ » 毛皮の加工

毛皮の加工

1. 染め色

毛皮は染料を使って、様々な色を表現できる素材です。単色に染め上げるだけでなく、毛先部分を根元と異なった色に染める(チップ・ダイ)方法もあります。
皮面への染色もあります。

2. プリント

毛皮のプリント加工は、かつては安価な毛皮素材をより良く見せるために行われていた処理方法ですが、近年ではデザインとして施されるようになり、可能性は無限に広がっています。尚、今では毛面だけではなく、皮面へのプリントも数多くなされています。

3. ブリーチ

毛皮の自然の色を白っぽく脱色すること。
本来の素材感を楽しみながら、異なる表情を楽しむことができます。

4. 刈毛

毛皮を一定の長さに機械で刈り整えること。古くからベビーラム(2mm)やムートン(7mmから45mm)でなされていた技術ですが、ミンクやフォックスなども刈り毛処理をされるようになりました。この加工により、毛皮に独特の光沢と感触が生じ、染色の効果もあがり、全く新しい素材に生まれ変わります。

5. 抜毛

毛皮の刺毛のみを抜くこと。ミンクやヌートリア、ビーバー、オットセイなどで綿毛の密度の良いものは、プラッキングすることでビロードのような光沢とライトでソフトな素材に生まれ変わり、もともとの素材と全く違った風合いを楽しめます。

6. 型押し

毛皮に凸凹のある模様や図柄を浮き出させる加工方法のこと。

7. パンチング

毛皮やレザーに円形や三角形、四角形などの連続穴をあけること。もともとはレザーの技術からダブルフェース(両面使い)に使われるようになった加工で、毛面の模様の面白さからヌートリアやベビーラムなどへ広がってきています。尚、穴の形により軽量化の程度は違うが、およそ 20〜40%は軽くなります。

8. ツイスト

細く切った毛皮の先端を止めて、片方をドリルにつないで機械で巻き上げ、裏が見えない1本のひも状に毛皮にする加工方法。少ない分量でボリュームを出すことができます。生地に縫い付けると、下の生地が隠れて一枚皮の毛皮で作ったように見えます。またそのままマフラーなどの毛皮製品に仕上げることもできます。

9. ニッティング

細く切った毛皮をニットと一緒に編み込む加工方法。網状のものに細く切った毛皮を差し込んでニット状にする方法もあります。この加工を使った場合、ストレッチタイプの軽いセーター感覚の毛皮ができます。

10. 皮面加工

毛皮は通常は毛の部分が表面(フェース)として使用されますが、皮面(毛皮の裏側)をきれいに加工して表面に使用できるようにすることをダブルフェースといいます。ムートン、ベビーラム、チキャンラム、ミンクなどといった皮が丈夫である程度厚みのある毛皮がこの加工に適しています。
裏生地を使用しないため、非常に薄くて軽い製品に仕上がり、より高度な加工技術を駆使できるので、多用なデザイン展開が可能になります。
ダブルフェースのうちで、皮面(毛皮の裏側)を染めてサンドペーパーで毛羽立たせスウェードとして使用できるようにする加工をスウェード加工と言います。
スウェード状のダブルフェースの皮面を樹脂加工してレザー(皮革)の銀面のように仕上げた物をナパラン、またはナッパ加工といいます。なおナパランの場合はスウェードに比べて、汚れにくく手入れが簡単などの利点があります。 このダブルフェース加工を施した製品で、表側が皮面の場合やリバーシブル仕様の場合は、雑貨工業品の対象となり、家庭用品品質表示法の規定に基づいた表示が必要となりますので、ご注意ください。

11. グルーピング

毛皮の毛面に色々な形のみぞ模様を作ることをいい、毛を刈ったり溶かしたりする方法があります。
毛を刈る方法としては、特殊なシェアリングマシンを使用します。段刈りとも言われ、毛皮に刃を近づけたり遠ざけたりすることによって毛に段差を付けます。
また特殊なバリカンを使用する方法は、カービングと言われます。これはシェアリングよりも細かな柄を作ることが可能で、非常に高度なテクニックが必要とされます。
一方、最新技術として毛を溶かす方法もあります。これはスクリーンプリント方式で、毛を溶かす薬品糊を毛にプリントして毛を溶かし、洗い流すと模様ができます。これらの三つの方法は、作る柄によって使い分けられています。


毛皮基礎知識

買取サービスを利用する前に知っておくべきこと

LINK

  • 川崎 眼科
    川崎で眼科をお探しでしたら、ぜひ秋山みつる眼科へお越しください!土日も営業しています!また最新の機器を取り揃えております。日帰り白内障手術も可能です。
    www.aimikai.com/